ブログ

優しい潤いを手に入れる②

こんにちは(^^)

 

富山は昨日は暑くなって、今日は雨模様!

 

先日は

髪やお肌の潤いを上げる大切な3ポイントをお伝えしました。

・要らないものを落とす

・洗いすぎない事

.・化学化合物を使わないで、保湿する事

 

今回は下記の詳細にご説明してまいります。

・要らないものを落とす

・洗いすぎない事

 

「要らない物を落として洗い過ぎない」これが簡単な様で

一番難しい事なのです。

 

髪やお肌にとって要らない物とは何かと言いますと中から出る

老廃物や余分な皮脂等と肌に付けたUVケアのサンスクリーンや

下地ファンデーション、髪ではスタイリング剤の化学化合物です。

老廃物や余分な皮脂等は比較的に落ちやすいです。

厄介なのは化学化合物で一度、肌や髪に付くと中々取れない。

残ると酸化したりして肌や髪に負担を掛けていく。

落とそうとすると強い洗浄剤を使うので肌の大事な皮脂や角質

髪のキューティクルまでも剥がす恐れがあります。でも、優しい

洗浄剤だと化学化合物は残ったまま~では、どうすればいい?

 

答えは簡単 です!

11960012_1127702880592030_2314293392579921891_n

 

こちらのトリニティー・スタビライザーを洗顔時、洗髪時にお使い

頂くと、確実に化学化合物が吸着し、簡単に洗い流せます!

詳しくはご来店時にスタッフにお伺い下さい!

 

それから、必要最低限の洗浄剤で余分な皮脂は落とし残すべき

大事な皮脂は残す。肌の常在菌のバランスを崩さない洗浄剤を

使っていくことが凄く大切です!

 

クラウズアトラスMA33は生分解100%のアミノ酸系洗浄剤。顔、髪

全身が安心して洗えます。 化学化合物は一切入ってない。

赤ちゃんにも安心して使って頂けます。

 

上のポイントを抑えてお手入れをすると

 

生ミネラルトリートメントシステムで潤いを上がります。

 

化学化合物がお肌に残ると肌荒れや吹き出物が出来たり

痒くなったりします。髪に残っているとキューティクルが閉じ

にくくなり更なる傷み生まれ硬くなります。髪が触れる肌が

痒くなったりもします。

極力、化学化合物の入ってないものを使った方がお肌や

髪には良いですね。

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA